早くて高品質


早くても品質が悪ければ意味が無い。


高品質でも遅ければ陳腐化する。


プロとしていかに早くて高品質にするかが勝負。


遅くて低品質は問題外。